まとめサイト紹介:WordPressのプラグインで多言語化、翻訳などを紹介しているサイト

Gsuiteをこのたびお試しで初めてみました。Gスーツと読んでいましたがGスイートなんですね。
※これはとある会社のWEB担当がそう読んでおりそのまま記憶してしまったのが原因。それ以降Gsuiteに触れ合う機会がなかったのです。

結局どのWordPressのプラグインがオススメ?多言語化、翻訳したい!

さて本題です。
WordPressを多言語化、翻訳ツールを導入するにあたって調べたサイト一覧。
現在はまだどのプラグインが良いか調査中。

Bogoをまずは試します。

WordPressのページを多言語化できる プラグイン5選

ferret-plus.comさん
https://ferret-plus.com/10690

  1. Bogo 初めての方におすすめ
  2. Multilingual Press 言語ごとに細かい設定が可能
  3. Multisite Language Switcher ???
  4. Translate WordPress with GTranslate 簡単に設定したいかた
  5. Translator Googleの多言語化 ツールを利用したシンプルなツール

このサイト(atomon)でのまとめ:上から試してみて使いやすいのを使う!

ちなみに私は4.Translate WordPress with GTranslateをはじめに調べた時にしようしました。
ちょっと微妙なので、まとめサイトを調べながらベストなプラグインを探しています。


WordPressサイトをグローバルに多言語対応する方法

design-plus1.comさん

WordPressサイトをグローバルに多言語対応する方法

多言語化についていろいろ説明もあるので多言語化についての説得や共感を得るためには参考になるコンテンツです。

  1. Multisite Language Switcher 1番有名だそうです(マルチサイトプラグインとして)
  2. Bogo ContactForm7の制作者が作成
  3. WPML 有料プラグイン、多言語プラグインでは一番有名で多機能
  4. Polylang このページ書いたauthorおすすめのプラグイン
  5. qTranslate X プラグインの干渉が問題

このサイト(atomon)でのまとめ:BogoがContactForm7の制作者が作成したことを知りました!
はじめに出てきた多言語化プラグインで満足できなかった方はPolylangを試してみましょう!

おさらい。今回のまとめサイト2サイトで紹介されていたプラグインです。ここからどれがオススメか絞ってみましょう。

  1. Bogo
  2. Multilingual Press
  3. Multisite Language Switcher
  4. Translate WordPress with GTranslate
  5. Translator
  1. Multisite Language Switcher
  2. Bogo
  3. WPML
  4. Polylang
  5. qTranslate X

最後のまとめ:WordPressのプラグインで多言語化、翻訳などを紹介しているサイトを調べて

  1. Bogo 両サイトで紹介
  2. Multisite Language Switcher 両サイトで紹介
  3. Polylang 執筆者がオススメしている(1サイト)

この3つの翻訳プラグインをまずは試したいと思います!
Bogoは私の運営する他サイトにあっているんじゃないかと思いますので一番はじめに試してみます!

それでは良き多言語サイトライフを!

iPhoneと連動できるクレジットカード「アップル」と金融大手「ゴールドマン・サックス・グループス」

アップルの「ウォレット」アプリの追加機能として予定しているらしい。

両社が共同でクレジットカードを立ち上げる予定だ。

簡単にプラグインなしでテキストの置換や表示、非表示

参考サイトの通りにしましたが、私の作成しているサイトではエラーになりました。
error画面か、リプレイスされない場所もあったりしました。
何度か挑戦してみたらできるようになっていたので、キャッシュだったのか理由は不明でした。

とりあえず以下を参考にして、自力で解決ができたので他の方も参考にしてみてはいかがでしょうか。

例:美容室なら辞めたスタッフの名前を一括で変えたりとべんりですよ☆

参考サイトより:説明などは参考サイトを参照してください。
参考サイト1より

<?php
function change_any_texts($text){
	$replace = array(
		//'変更前' => '変更後',
		'編集' => '<a href="#">編集</a>',
		'削除' => '<strong>削除</strong>'
	);
	$text = str_replace(array_keys($replace), $replace, $text);
	return $text;
}
add_filter('the_content', 'change_any_texts');
?>

参考サイト2は参考サイト1を見てかかれたもの。説明多め。
参考サイト2ではプラグインの方法も説明しています。

初めてのWordPressでメール投稿をする。

メールでWordPressの投稿ができると便利なので、使う方法をレポートする記事です。メール投稿を利用して、パソコンを取り出せない状況から、満員電車の中から簡単に投稿できるようになりましょう。私も初めて使うので一緒に勉強をしていきましょう。オススメのプラグインを決めたいと思います。

ワードプレスの投稿をメールで行えるのはみなさまご存知だと思われますが、
携帯でサクッと、満員電車の中でも、片手で気軽に投稿できるのがメール投稿機能です。

初心の私でも使いやすいオススメのメール投稿機能を紹介します。

メール投稿プラグインの種類

Postie メールの件名=記事タイトル メール本文=記事内容。

Ktai Entry 投稿用のメールアドレスに送信されたメールが投稿される。

Jetpack【メール投稿】投稿用のメールアドレスが作成されそのアドレスに送信すると投稿される。ショートコードが指定可能

Jetpack

まずはJetpackを使用しましたが、レイアウトが崩れたので別のプラグインを調べます。

Postie

2番目にPostieを試してみます。

Ktai Entry

『XDRIVE』Xserverの高速オンラインストレージサービス『XDRIVE』

Xserverが新しいサービスを提供しました!
クラウド型の高速オンラインストレージサービスです。

この度弊社では、ビジネス利用に最適なクラウド型の
高速オンラインストレージサービス『XDRIVE』の提供を開始しました。

『XDRIVE』は、大容量500GBで初期費用無料、月額630円(税抜)から
ご利用いただけるクラウド型の高速オンラインストレージサービスです。

データはすべて日本国内のデータセンターで管理されており、
ビジネス用途に安心してご利用いただけるよう、通信の暗号化、
IPアドレスによるアクセス制限などのセキュリティ機能も充実しています。

『XDRIVE』をご利用いただくことで、
PC・スマートフォン・タブレットなど
さまざまな端末から場所を選ばずファイルを管理でき、
社内でのファイル共有、取引先への安全なファイル送付など、
ファイルに関する仕事の効率化を実現することが可能です。

10日間の無料トライアルもご用意しておりますので、
この機会にぜひ『XDRIVE』のご利用をご検討ください。

———————————————————————-
■サービス提供開始日
 2019年2月4日(月)

■サービスの特長
 ・大容量500GB、月額630円(税抜)から
 ・SSLを用いたセキュアな通信
 ・社内外へのファイル共有
 ・選べる大容量HDDと高速SSD
 ・365日24時間のメールサポート、平日10:00~18:00の電話サポート
 ・ビジネス向けの高度な認証・管理・セキュリティ機能
 ・高性能サーバーを採用したハイスペック環境
 ・高速データ通信が可能な国内大手のデータセンターで運用

■『XDRIVE』に関するお問い合わせ先
 ・お問い合わせ
  https://www.xdrive.ne.jp/support

比較して検討してみます。

Google+ アカウント(個人の)が使えなくなる!?2019 年 4 月 2 日をもって、 個人の Google+ アカウントはご利用いただけなくなります。

Google+はビジネスアカウントは使用、オススメ(実店舗の方)してましたが個人のアカウントでは確かにあまり使った記憶はないですね。

基本的にここのサービスを利用していない方には問題ないはずですので安心していいです。
https://plus.google.com/
Gmailとかもそのまま使えますし、私自身もwordpressなどのブログの更新を自動で投稿するのに使用していただけでした。

以下メール文。

2018 年 12 月に発表いたしましたとおり、使用率が低いことと、お客様のご期待に添うサービスの維持が困難であることから、一般ユーザー向け Google+ の提供を 2019 年 4 月に終了させていただくこととなりました。これまで Google+ をご利用いただいた皆様にお礼申し上げるとともに、写真やその他のコンテンツのダウンロード方法など、今後の対応方法についてお伝えいたします。

4 月 2 日をもちまして、お客様の Google+ アカウントとお客様が作成したすべての Google+ ページのサービス提供を終了し、一般ユーザー向け Google+ アカウントのコンテンツの削除を開始いたします。Google+ のアルバム アーカイブ内の写真や動画、Google+ ページも削除されます。つきましては、3 月末までにコンテンツのダウンロードと保存を行っていただきますようお願い申し上げます。
Google フォトにバックアップされている写真や動画は削除されません。

一般ユーザー向け Google+ アカウント、Google+ ページ、アルバム アーカイブからコンテンツを削除する処理には数か月かかります。その間はコンテンツが残っている場合があります。たとえば、アクティビティ ログで Google+ アカウントの一部を参照できる場合があります。また、一般ユーザー向け Google+ の一部のコンテンツは、データが削除されるまで引き続き G Suite ユーザーに表示される場合があります。

2 月 4 日以降、Google+ のプロフィール、ページ、コミュニティ、イベントの新規作成はできなくなります。

サービス終了に関する詳細や最新情報につきましては、よくある質問をご覧ください。

Google+ コミュニティのオーナーまたは管理メンバーの方は、Google+ コミュニティのデータをダウンロードして保存することができます。2019 年 3 月上旬より、一般公開コミュニティの投稿の投稿者、本文、写真などの詳細データをダウンロードできるようになります。詳細

Google+ ログインのボタンを使用してサイトやアプリにログインされているお客様は、今後数週間でこのボタンをご利用いただけなくなります。なお、このボタンの代替として Google ログインのボタンが表示される場合があります。Google ログインのボタンが表示されていれば、引き続き Google アカウントでのログインが可能です。詳細

Google+ を使ってご自身のサイトやその他のサイトにコメントを追加しているお客様は、Blogger では 2 月 4 日以降、その他のサイトでは 3 月 7 日以降、このコメント機能をご利用いただけなくなります。各サイトに追加した Google+ コメントはすべて、2019 年 4 月 2 日から順次削除されます。詳細

G Suite のお客様には引き続き G Suite アカウント用 Google+ をご利用いただけます。詳しくは G Suite 管理者にお問い合わせください。新しいデザインや機能を近日中に公開いたしますので、どうぞご期待ください。詳細

Google+ API や Google+ ログインをお使いのデベロッパーの皆様は、こちらをクリックして影響についてご確認ください。

これまで Google+ をご利用くださいました皆様に Google+ チームより心からお礼申し上げます。Google は、Google+ を拠点としてくださったアーティスト、コミュニティ作成者、オピニオン リーダーの皆様に感謝しております。改めて、Google+ をご利用いただき誠にありがとうございました。